雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

精細見積り

『お見積に関するご注意とお願い』

吉沢板金がお客様に差し上げる見積りは“精細見積”となっています。

一般に元請各業者が作成する“一式見積もり”では現場における見逃していた(或いは価格を低く見せるために敢えて入れなかった)追加工事が多分に発生し、追加のご負担が発生する場合がありますが、弊社の“精細見積”では見積書の各項目を終えれば目的のリフレッシュ工事を完成させることができます

お客様にとってのメリットは

  • 工事の内容が分かるので安心。
  • 各項目毎の単価が分かるので安心。
  • 追加オプションや見積り漏れとして追加請求されることがなく安心。

等々、安心面におけるものが沢山挙げられます。
これは入念な現場調査と、ノウハウ(実際に施工するのが自分達であるが故の)があってこそ初めて精細と言えるお見積もりが完成することから吉沢板金だから出来る特長の一つだと思っています。

 

さて、良い事ばかりでなくご注意いただきたい点も書かなくてはなりません。

それは他社に相見積もりを取られた時のことです。

相見積りも弊社は喜んで伺いますが、一方の見積りが”精細見積りでない場合”(多くの場合はこちらのタイプですが)上記の通りの理由で最終的に支払う金額が変わってきます。

すなわち、精細見積りで提出している弊社の場合にはそれ以上に支払いが発生しませんが、一方、時として安く見えた他社の見積りではオプション等という形で後から追加した工事のために最終の支払い金額が高くなってしまうことがあるという点に十分にご注意下さい。

また、工事の内容を提示している弊社に対して工事の内容を提示していない他社は工事の質を大きく下げることで価格を下げることができてしまう点にもご注意頂きたいと思います。
出来上がってみたら中身が全然違うものだったというお話もあれば、不具合が出るまで手抜き工事に全く気が付かなかったというお話もあります。

※但し逆の考え方で、お客様が弊社の思っている程の耐久性を求めていない場合で”工事の質を下げてでも安くしたい”という場合には弊社の方でもその工法でお客様の求めているだけの性能が出せるかどうかを査定した上で新たにお見積りを提示させていただきます。

以上の様に”中身が全て”となっていますので、(これはお願いなのですが)弊社のお見積りに精細であるが故の専門用語に戸惑いを感じた時、また、他社と比較して何らかの疑問を感じた時にはどんな些細なことでも構いませんのでどうかお気軽にお問い合わせ頂きたく思います。

コストを下げるために、生憎と営業トークだけが得意なものは在籍しておりませんが、自分の技術に最高の自信を持つものがベストな回答を致します。

 

 

※見積外に新たにご依頼された工事は別途となります。

Tagged on:

One thought on “精細見積り

  1. Pingback: 安さの秘密-社員はマルチプレーヤー | 雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。