雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

雨樋修理(店舗)

今日はからっと気持ち良く晴れました。春を感じられる日も近いでしょう。
写真は気持ち良さそうな雲を映したものではなく、工事のビフォー写真です。
店舗雨樋修理
雨樋が途中からなくなっているのが分かりますか?

降雪のあった日にすごい音を立てて落下したそうです。雨樋がなくなった後は雨の度にお隣の駐車場に雨垂れが音を立てるようになって・・・。

降雪で落下した雨樋
こちらが落下した雨樋。途中から『く』の字になって落ちてしまったその訳は雨樋受け金物(トヨ持ち金物)を固定していた針金が錆びて切れてしまったためです。雪の重みに絶えられませんでした。
定期的にメンテナンスをしていただくことでこのような事は避けられます。お隣は駐車場ですから場合によっては大惨事になっていたかもしれません。

今回は足場が必要なかったことと(※)何とかこのまま使いたいというご希望に添える形で雨樋を修正した後、復旧することにします。
※足場が必要ならメンテナンスバランスを考えた場合、新しい雨樋に架け替えた方が良かったと思います。足場代が必要なければ修理で済ませても後々にもお客様に損はないだろうとの判断です。

雨樋修理アフター
落下した雨どいの形状を修正し、固定用の針金は全て新しいものに取替えました。雨樋の清掃は今回サービスです。

来年は安心して雪の日を迎えられる事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。