雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

エコでお得な雨水貯留タンク

宇都宮市では自宅に雨水貯留タンクを設置した場合に補助が出ます。
※条件等についてはこちらの『雨水貯留・浸透施設設置費の補助』のページをご参照下さい。

吉沢板金でも皆が無理せずエコに取り組めるものの一つとして広めて行くために極力安価に設置のお手伝いをさせていただいています。

加えて上記補助を利用すれば、設置費込みの自己負担額は20,000円程で済みます!(設置状況により2,000円程前後します。)

 

では、設置例をご紹介します。
【宇都宮市I様邸の例】
雨樋貯留タンクビフォー
ビフォー。設置にはこれ位のスペースがあれば十分!容量十分な150lタイプが置けます。(宇都宮市の場合、補助が出るのは100l以上ですのでご注意下さい。)

雨水貯留タンクアフター
雨水貯留タンク設置後(アフター)。
既存の雨樋から分岐し、雨水が貯留タンクいっぱいになると余分な水は雨樋に自動で流すシステム。

レインセラー
これからは、タンクの蛇口を捻ればいつでも雨水が利用できます。

立て樋分岐部分には簡単に掃除ができるフィルターが付いていますので、タンク内にゴミが溜まることも防げます。

 

「お花には自然の水の方が良いのよね。」
そう言ってうれしそうにされていた奥様。
正に無意識のエコですね。

 

雨水貯留タンク、たくさん種類がありますが吉沢板金が機能面、コストパフォーマンス面からお勧めしているのはパナソニック製のレインセラーです。主要な部分については上で説明できていると思いますがメーカーホームページにも詳細が載っていますのでご参照下さい。

また、設置費込みの自己負担額が上記の通りな上、施工保証が付きますので、設置までご依頼頂くことが多いのですが、楽しみながらご自分で取り付けを行いたいという方には、製品のみの販売も行っています。
(価格はここには載せられませんが今のところ日本一安いのではないかと思っています。笑)

お問い合わせお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。