雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

ALC外壁の雨漏り/防水塗装メンテナンスの必要性

昨日(2010/02/22)ご紹介した栃木市のお客様(コンピューター関係の会社様)、事務所『外壁の雨漏り編』です。
ALC外壁雨漏り調査
2F屋根の雨漏りの他にもう一点外壁の雨漏り調査を依頼されています。問題の外壁(ALC)の写真です。

店舗、事務所系の建物に広く使われているALC(コンクリート・ヘーベル)。軽くて強く、耐火性能を持ち合わせる優秀な材料です。
反面、水に非常に弱いという弱点があります。これを解決するために必ず防水塗装が必要になっているのですが、この点を良くご理解されていない(または建築業者の説明不足でご存知でない)お客様が意外と多いように思います。
ALCヒビ割れ
水分を吸い、脆くなったALCにはヒビが入ってきます。このままにしておくのは大変危険な状態。

外壁コーキングの切れ
外壁をALCとした場合にはどうしても目地をコーキングで納めることになります。ここもやはり定期的なメンテナンスが必要な箇所です。放って置くと写真の様に目地切れを起こし雨漏りの直接的原因になってしまいます。

因みに外壁からの雨漏りですが、経験的にも理論的にも北面での発生が多いという特徴があります。
日光が当たらず外壁が乾き難いことや温度差で結露しやすいため痛みの進行が早いのです。今回のお客様も北面でした。ご自身でチェックされる方は、まずは、北面を注意して見て頂くと良いと思います。もちろん弊社の無料外壁診断(屋根外装診断)を有効にご活用下さい。

この部分のお見積は目地シーリングの打ち直しと外壁の防水塗装になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。