雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

雨漏り修理にリノベーション!屋上に屋根を作る。

宇都宮市内の某老舗呉服店より雨漏り修理のご依頼をいただきました。

塔屋の雨漏り
雨漏りしているのはこちらの塔屋部分。

塔屋の雨漏り
上がってみるとモルタルに無数のクラックが見られました。また、以前あった看板を撤去した際の柱の根本の雨仕舞が全くされていない状態でした。

クラックには以前から充填剤などで補修をしていたようですが「とにかく持ちが良くない。何か良い方法はないか。」ということですね。

さて、このような状態の雨漏り修理にはいくつかの方法がありますが、今回は最も長く持つ方法をとりました。

雨漏り修理にリノベーション!屋上に屋根を作る。

屋上に新しい防水層を作る所謂”防水工事”も承っておりますが、最も長く持つ方法はこの屋根を架けてしまう方法です。
原寸図から鉄骨を溶接

弊社の駐車場にて原寸図から屋根を載せるための鉄骨下地を加工します。

吉沢板金では設計~加工~溶接まですべて自社の職人が行っていますのでコストが大きく削減できます。お客様にとっては嬉しい点だと思いますが、実際、屋根を葺いて雨仕舞を行うことまで考えながらできますので私たちにとってもこのやり方が良いんです。

現場で鉄骨溶接
クレーン車で荷揚げするのは私の仕事ですのでいつも写真がありません。(ワープして出てきたようですが一応)

新しい屋根下地は以前は雨漏りの原因となって悪者にされていた看板の柱にがっちり溶接されました。

折半屋根工事
いよいよ折半屋根が載せられていきます。

アフター雨漏り修理
アフター。長寿命ガルバリウム鋼板折半屋根が葺かれました。

雨樋工事
アフター。雨樋も綺麗に新設されました。

アフター
アフター。工事していたのはあんなにも高いところでした。
終わってみればまるで最初からそうだった様な違和感の無さ。

しかしそこには全く新しい屋根が出来たという満足感と今後雨漏りに悩まされないという特別な安心感があると思います。