雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

雨仕舞いのスペシャリストが行う特別な雨漏り修理

吉沢板金が最も力を入れているのが何と言っても『雨漏り調査、雨漏り修理』です。
今、困っていらっしゃる方の元を尋ね、雨漏りを止めてさし上げた時のお客様の笑顔がこの仕事に力を入れるモチベーションになっています。

それでは、最新の雨漏り修理事例をご紹介します。

雨漏り調査
雨漏りしている部分は鉄骨製ベランダの脚の下です。本当は全体的に葺き替え(少なくとも塗装)をするべき時期なのですが、ご予算と何年もたせたいか(何年住むか)というところをお話いただいてそれが可能と判断できれば、部分修理へも進ませていただけます。

雨漏り部分
丁度手前の脚の下辺りから漏水しているのですが、さて、この雨漏り修理・・・どのように行われると思いますか?

業者によって色々でしょうが、木の脇辺りにコーキングをベッタリして終わりだったりすると思います。しかし、その様な方法では全然長持ちしません。というか今回の場合は腐朽した木を通して雨漏りは止まらず終いだと思います。

 

『雨仕舞いのスペシャリスト』が行う雨漏り修理は以下のように行われます。

ジャッキアップ作業
まずはジャッキアップです。悪い部分の周りだけ直したりしても駄目、やはりその部分を直してあげます。また、土台の腐朽した木が危険ですのでその点も同時に改善していきます。

この作業は雨漏りをしている野地や垂木の強度を見極めた上でジャッキをかけたり、一軒一軒全く違う納まりで出来ているベランダをジャッキアップできる様、躯体から切り離す工程を要したりと難易度は高いです。

雨漏り 穴
ジャッキアップの後土台を撤去すると、やはりこの様に穴が開いていました。ちなみにですが、雨漏りする部分にこの様に分かりやすく穴が開いているという例は実は少なく、多くは雨仕舞いの是非を判断、考察した時初めて導かれます。

雨漏り修理工程
本当はあまりお見せしないのですが今日は特別に・・・・。コーキングに頼らずに雨漏り修理を行うとはこういうことです。

屋根板金を直に立ち上げています。これも板金の劣化具合から加工に耐え得るかを見極める所から始まりますので難易度は高いですね。

新しい土台
新しい土台はなんと板金の中に・・・

雨漏り修理完了
上部に板金を掛け、雨漏り修理完了です!
と同時に、土台の木が腐る心配をしなくて済む仕様へと改良させていただいたことになります。

これが雨仕舞いのスペシャリストが行う特別な雨漏り修理のほんの一例となります。

 

これからゲリラ降雨、梅雨と雨の多い時期になります。お悩みの方は是非ご一報下さい。

笑顔を取り戻すお手伝いをさせて頂きます。

One thought on “雨仕舞いのスペシャリストが行う特別な雨漏り修理

  1. Pingback: ビフォーアフター『雨漏り修理、屋根工事におけるリノベーション』 | 雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論