雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

店舗系『看板と雨漏り』

栃木市のお客様(コンピューター関係の会社様)の元へ雨漏り調査へ行って来ました。
何箇所か見た中で少し気になる部分がありましたので少し触れておきます。

雨漏り調査 2階雨漏り部
写真は2F雨漏り被害場所です。少しの雨量でも漏るとのこと。早速屋上へ上がってみます。

雨漏り調査 看板
見た瞬間に嫌な予感がしました・・・。
数ある雨漏り調査の中でも店舗系で最も多いのがこの『看板周辺の不完全な雨仕舞い』。
予感は的中です。
雨仕舞い不備
チャンネル材を流し屋根(ルーフデッキ)に直付け後、ボルトにシーリングを山盛りにして納めたようですね。

取付後しばらくはこれで雨漏りがしないから困りものです。これだと、水を受ける向きに取り付いているチャンネル材のせいもありシーリングが切れ始めた途端、少しの雨量でも結構な水が浸入してしまうでしょう。覗き込むとやはりコーキングが外れていました。

大丈夫です。この様な状況でも板金技術で後処理が可能です。
もちろんコーキングだけで「終わりました!」なんて言いませんのでご安心頂きたく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。