雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

セキスイかわらUの雨漏り

雨漏り調査をご依頼頂いた栃木県小山市のお客様です。

セキスイかわらUの雨漏りにお困りです。
この屋根材は石綿強化スレート瓦に属するもので、所謂アスベスト入りです。(現在出ているものについてはもちろん含まれていませんし次に出てくるその他の項目についても改良が施されているようです。)
瓦に比べて軽量で地震に強いところが売りで、流行した当時、訪問販売により葺き替えたというお宅も多く聞きます。
また、この材料は塗装で防水性能を出していますが、10年もしない内に塗装が劣化し雨漏りが起こります。
ある時期までなら防水塗装を再度施すことで事なきを得るかもしれませんが、放置した場合には素材が劣化して本当に脆い状態にまでなります。(歩くことも出来ない位です。)
ひび割れが起こってしまったような状態では塗装では防水性能は出せませんので注意してください。

セキスイかわらU
こちらのお宅でも写真のような状態に。どことなく割れが見られます。実はお話を伺って屋根材の種類を聞いた瞬間には嫌な予感がしていました。弊社のお客様でもこの事例は非常に多いのです。

さらに、施工した業者の『ずさんな施工』という問題が重なっていました。構造材に屋根材が固定されていないので暴風時には危険ですし、結露水を排出するためにコーキングをしてはいけない部分にまでべったりとコーキングがされているような状態です。残念ながらこの場合には既存の屋根材を降ろして納まりから見直していかないといけません。

しかし、聞けば訪問販売で施工された直後から雨漏りが起こり、クレームを出そうとした時にはなんとその会社が既に倒産した後だったというお話です。
お客様は全然悪くないのに酷すぎますよね。

なんとか価格を抑えられるような方法を将来のメンテナンス費用まで考えて作ってみました。
力を尽くしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。