雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

雨漏りが止まるのは吉沢板金の塗装工事だからです。

栃木県那須烏山市某邸。

塗装工事前
ビフォー。

塗装後
アフター。

上の二枚の写真の間には決定的な差があります。

アフターでは雨漏りの悩みが解消しているのです。

一目見て屋根外壁塗装リフォームのビフォーアフターだと思った方は以下の記事をお読みになり驚かれることでしょう・・・。

軒裏天井の剥がれ
まずはこちら。軒裏天井部分に簡易的に修理した後が見られますがベニヤが剥がれ落ちたものを直したものでしょう。今回はお客様もお気付きでしたがこの様になる原因は屋根の雨漏りです。

屋根の雨漏り部分
そしてこれが雨漏りしている屋根ですが、ベタベタにコーキングがされているのがお分かりでしょうか。実はこれが雨漏りを悪化させてしまっているのです。(中に入った雨水や結露水の逃げ道を塞いでしまう行為ということになります。)

器用な方こそよくDIYで修理しようとして収拾がつかない状態になってしまいますので是非ご注意いただきたいのですが、本当の雨漏り修理はコーキングにばかり頼らないものです。
・・・例えば次の様に。

雨漏り修理
これが吉沢板金の行う雨漏り修理工事の様子です。
こんなの見たことない・・・こんなことしていいの?という声が聞こえてきそうですが、こちらの雨漏りを止めるために本当に必要なのはこの工事です。

瓦棒の腐り
実際解体してみるとこの様に雨漏りのあった部分では瓦棒に腐朽が見られます。※これらは雨仕舞いの改善と同時に悪い部分を新しいものに交換します。

当然ですがこれを行うためには雨仕舞の正しい状態が分かること、既存の屋根材が再成形に耐え得るかの判断、綺麗に元に戻せるよう歪を出さず部分解体するといった高度な技術力が必要です。

そしてこのことがお客様が塗装工事でも吉沢板金を選んで頂ける大きな理由となっているようです。

屋根塗装工事アフター
雨漏り修理を終えてから塗装工事を行います。

軒裏天井の張替え工事
剥がれた軒裏天井を新しいものに張り替えてから・・・

軒裏天井の塗装
塗装となります。

殆どの塗装屋さんは最初の状態に塗装してしまうかもしれません。一般的な工務店やリフォーム屋さんでは軒裏の張替えまではしてくれるかもしれません。

でも、本当は雨漏りを止めてからでないとまたすぐに元のようになってしまいますよね?
吉沢板金の工事ポリシーがちょっとでも伝われば幸いです。

塗装前
ビフォー。

塗装後
アフター。もうお分かりでしょうが、必要なメンテナンスを終えてから塗替えが行われます。

納屋ビフォー
隣接する納屋部分のビフォー。

納屋塗装後
アフター。こちらも瓦棒や棟役物が強風で外れないように確認とメンテナンスを行っています。

その他にも、外壁塗装の前には外壁の雨仕舞の確認を行いますし、正しく寿命を判断した雨樋は新しい物に架け替えられます。
塗装後

お客様にとっては付加価値いっぱいの特別な塗装工事になったのではないでしょうか。