雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

吉沢板金の外壁塗装

雨漏り調査と外壁塗装を依頼された宇都宮市のお客様の事例をご紹介します。
昨年自宅の屋根葺き替え工事をさせて頂いた方の所有する、賃貸住宅のリフォームです。所謂リピーターのお客様で非常にありがたいことだと思っています。

吉沢板金の外壁塗装は、『雨漏りの原因を知り尽くしている人間が管理する外壁塗装』です。
塗装の仕上がり(見た目)しか保障できない多くの業者さんの行うものとは全く違うものです。それでも料金は安心価格で設定させていただいております。
それでは一部ではありますが、細かい部分をお見せします。

雨漏りしている部分(ベランダ下)
例えばこの部分。ベランダ下の排水ドレン付近の現状です。
長年の雨漏りで軒上天井が腐敗しています。

さて、一般の塗装業者さんならこの後どうすると思いますか?
・・・答えは、そのまま塗って終わりです。理由は自社に工事をする技術がないからです。工事をしたければ他社を呼んで見積をとって・・・となってきます。そして、非常に悲しいことですが、塗装してしまえば悪い部分がしばらくは見えないからというのも理由の一つでしょう。

まずは雨漏りを補修
吉沢板金ではまず、雨漏りの原因を特定することから始まります。熟知していますので時間はかかりませんが、これが最も大事なところ。
原因はベランダ上シート防水の収まりのまずさだったのですが、上の写真はその後の様子。雨漏りで腐ってしまった部分を補修する作業過程の写真です。
雨樋は一旦外して後で復旧します。さらりと書きましたがこれも外装全般を扱う弊社だから可能な工程です。

下地の作成
上の写真は本塗装に入る前の段階です。下地を新しく作成した後に周囲と同様な凹凸模様を作成しています。

本塗装終了後
そして本塗装まで終了したところです。
雨漏りを根本から解決しているため、しばらくしてすぐに塗装が剥げ・・・下地は腐り・・・という残念な結果を避けることができます。

そのためには『雨漏りの原因を特定できる』ということ、『そこに絡んでいる部分全てを熟知し、補修の技術を持ち合わせている』ことが大事だということがご理解いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。