雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

屋根診断時に発見された問題箇所

棟瓦周辺補修
棟瓦周辺を収めた写真です。真ん中の列の面戸がなくなっています。
棟瓦周辺
それからこの写真。同様に面戸がなくなっているのと、端部のモルタルが朽ちて土が露わになっています。
このままですと雨が降る度に内部の土が流れて出て、瓦が動くようになってしまい大変危険です。(もちろん雨漏りにも繋がります。)

棟瓦周辺アフター
棟瓦周辺アフター
修理結果です。既存の面戸も今後風雨で飛ばされない様、全箇所固定しました。
中の土が殆ど流れきってしまうまでに進行していたら今回のように『ついでに直す』では済みませんでした。
この様に早い段階でプロの診断を受けていただくことがメンテナンス費用削減のコツになります。

何度も言いますが、これらは外壁塗装工事の一環として行われているものです。
これが雨仕舞いのプロが管理する外装リフレッシュの特長になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。