雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

瓦屋根の補修作業(栃木市)

栃木市のお客様です。

棟瓦崩れ(ビフォー)
「棟瓦が崩れて屋根上に落ちている」状態です。

棟瓦ずれ
こちらは瓦がずれ、大きく隙間が空いてしまっている状態。
雨水の浸入で小屋組みを傷めたり、直接の雨漏りの心配がされますが、瓦が落下してご家族がお怪我をされてしまうことが最も怖いことだと思います。

リフォーム方法も色々ですが、今回は予算を極力抑えることができる『棟瓦の積み直し』という方法をご紹介します。

棟瓦一時解体(修理中)
崩れている部分を丁寧に解体していきます。

一時解体(修理中)
土を取り去り・・・・

棟瓦一時解体(修理中)

漆喰工程(修理中)
新しい漆喰を詰める工程を経て・・・

棟瓦アフター
瓦を復旧します。

他にも瓦に割れが見られれば・・・・
棟瓦割れ(ビフォー)
ビフォー。

アフター
新しいものに差し替えられたアフター写真です。

※業者によってはコーキングで固めて終わりにしてしまう場合もあるようです。コーキングでも雨仕舞い良く仕上げてあればすぐに問題になることはないとは思いますが耐年数や美観の面において今回の方法には及ばないはずです。

今回は足場なしで(簡易足場のみで)工事ができましたが、屋根の勾配によっては安全足場が必要になることもあります。
また、「気にはなっているが高い部分なので確認することができない。」という方には弊社無料の屋根外装診断をご利用いただければと思います。合わせて安全足場の必要の有無、お見積もりのご提出まで無料でさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.