雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

コストパフォーマンスに拘るトータルリフォーム/雨仕舞いのプロが監修する塗装工事

昨日から新しい物件がスタートしています。

宇都宮市に所在するKN様邸は現状では、屋根がスレート瓦、外壁がリシン吹付け、破風は板に塗装仕上げ、雨樋は横樋がトタン製、立て樋が塩ビ製となっています。
今回のトータルリフォームで『屋根はガルバリウム鋼板のカバー工法による葺き替え』、『外壁を弾性シリコンウレタン塗装』、『破風板ガルバリウム鋼板包み』、『雨樋は横樋がガルバリウム鋼板製、立て樋は新しい塩ビ製のものにリフレッシュ』させていただきます。

紫外線や風雨に晒される最も過酷な場所である屋根、破風には塗装より数倍耐年数の永いガルバリウム鋼板をご選択いただくことでトータルでのメンテナンスバランスを合わせることができます。
例えば、外壁が15年塗装でもっても屋根は10年もたなかったため再度足場を掛けて屋根を塗装し、ついでに外壁も塗装する・・・・・よくある例ですが、これではお客様が損をされていることになります。

もちろん、これらは屋根外装診断に基づきご提案させていただいたもので、全ての物件で全く同じご提案をさせていただくものではございません。
言い直せば、今回のケースでは最もコストパフォーマンスに優れた方法であるという判断になります。

早速ビフォーの状態からレポートを始めたいと思います。
足場工事
仮設足場の設置作業中。劣化の進んだテラスと物置の波板も耐候性に優れたUVカットポリカーボネート製のものに葺き替えさせていただきます。気になることがございましたら何でも言っていただいて結構です。例えば今回、物置に大量にある不要なものの処分までをさせていただきますが、こんなことも可能です。リフォームに付随するものは一度に言っていただけたら便利ですもんね。

ジェット洗浄中
ジェット洗浄中の作業です。(2日目)
強烈な水圧で外壁のホコリや汚れ、剥がれ掛けている塗装を落としてしまうことで塗装の食いつきを良くします。

・・・と、ここまでは町の塗装屋さんでも行っていることですが、雨仕舞いのプロである吉沢板金が監修する塗装工事はここからが全然違います。
外装詳細診断中
洗浄作業に平行して、足場がかかってからしかできない外装の詳細診断を必ず行っています。詳細診断を行ってダメだったから料金が増えるということではありませんのでご安心ください。
もれなく付いてくる言わば『塗装工事にセットのサービス』になります。この時点で写真のような外壁の劣化や元々の職人の技術不足のために、現状、雨仕舞いに問題のある部分を洗い出して行き、後日完璧な納まりに仕上げていく工程です。

窓水切り不良、パッキン不良の発見
う~ん・・・・窓下に水切りが入っていません。今まで間違いなく雨漏りしていたことになります。室内に水が漏れない(もしかしたら漏れていたかも?後で聞いてみます。)ので気が付いていないだけで確実に劣化を進めまています。また、窓パッキンが外れてしまっていますね。
この部分は塗装工事の前に『窓下には水切りを追加し、窓パッキンはシーリング処理を行う』というように処理されます。

他にも載せきれないくらいの不良箇所を発見していますが、吉沢板金の外壁塗装ではこれらの問題が全て解決され、仕上げが塗装というイメージを持っていただけたら良いと思いますが・・・・こんなことは他には決して真似の出来ないことだと自負しています。

One thought on “コストパフォーマンスに拘るトータルリフォーム/雨仕舞いのプロが監修する塗装工事

  1. Pingback: 塗装工事だけに終わってはいけない。 | 雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.