雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

N様邸屋根リフォーム工事進行状況(4/10)

宇都宮市のN様邸『屋根リフォーム工事』です。

ガルバリム鋼板立てハゼ葺き
最も雨漏りの酷かった部分を仕上げました。(棟等の役物類は後の工程です。)大好きな立て平葺きです。※立て平葺きは最も雨漏りに強い『巻きハゼ仕様』でデザインもスッキリしています。
バルコニーがあった写真右奥の部分は社長が自ら拘りの特殊納めを施した模様。(皆でこっそり覗き見していました。)
広い土のお庭ということで先日の強風で屋根が少々汚れていますが、強い雨が降ると一回で綺麗になってしまうところも新材のガルバリム鋼板を使ったカバー工法の良い点です。ただし、施工中砂粒が屋根に乗っていると人が踏んだり加工したりした時に屋根を傷にしてしまいますので手間をかけても柔らかいホウキで掃きながらの作業となりました。

エアコンやバルコニーの下の屋根
ぐるりと玄関周りまで出来上がってきました。エアコンやバルコニー等障害物を心配される方がいらっしゃいますが多数の経験の中で施工が不可能だったことはありません。『どんな場合でも雨仕舞いの良い納まりに仕上げること』が吉沢板金のプライドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。