雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

本気で落雪を防ぎたい方へ

晩秋のこの時期になると必ずいただくお問い合わせがあります。それは『ゆきもちくん』に関するもの。

「一般的な雪止めはついているんだけど、全然意味がなくて。」
「屋根が急勾配で、落雪が心配。」
「お隣にうちの雪が落ちて車や人を傷つけてしまったらどうしよう。」
「庭で遊んでいる子供の上に落雪があったらどうしよう。」

等、どれも切実なお悩みです。
吉沢板金のおすすめしている『ゆきもちくん』はそんなお悩みを解消してくれる最も有効な落雪防止装置と言えます。

 

では、つい先日行ったばかりの施工例をご紹介します。
ゆきもちくん設置工事中
施工中の写真になりますが、これが”ゆきもちくん”です。
いかがでしょうか?知っているどの雪止めとも違うものだと思います。このネット(金属)に雪を食い込ませて落雪を防止し、自然に融けた雪は雨樋に導かれ排出される機能をもちます。
ちなみに写真のものは”スーパーゆきもちくん”というもので、ネットの先端の方にリング状の金属がついています。勾配が急であったり、平らな形状の屋根(金属屋根、スレート瓦、平板瓦等)に設置する時にはこちらが適しています。

ゆきもちくん
こちらはリングのない”ゆきもちくん”。勾配が緩く、瓦形状で雪の食い込むスペースが確保できる場合にはこちらのタイプでも十分な効果が得られる場合があります。

お隣への落雪を防ぐ
お隣の敷地に面したこちら側にはより高い効果を狙い”スーパーゆきもちくん”を設置しました。

更なる急勾配屋根の時には下段にスーパーゆきもちくん、中段にはリングのみ設置させていただく等状況に応じて様々ですが、どのタイプが適しているかは現地調査の上、無料で設計させていただいておりますのでご安心を。

ゆきもちくんの効果
例えばこの部分では

  • 玄関への落雪を防ぎ、人的被害を予防する
  • 奥に写っているカーポートへの落雪を防ぎ、カーポートの変形破損を予防する
  • 雪の重みによる雨樋の変形破損を予防する

今後これだけの予防効果が期待できます。

 

実は栃木県では降雪の多い山の方よりも宇都宮など街の中でご依頼を受けるケースが多いんです。これはお隣がすぐそこに面している立地条件の方が如何に不安な冬を過ごされているかという表れに外ありません。
ですからもちろん「お隣の側にだけ設置したい」等のご要望も大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。