屋根リフォーム・雨樋・外壁リフォーム・雨漏り修理・屋根診断・栃木県宇都宮市の吉沢板金!

HOME施工事例>詳細010

施工事例

屋根リフォーム、レスキュー
「ガルバリウム鋼板瓦棒葺」【屋根復旧工事、一部カバー工法】「板金破風包み」「UVカットポリカーボネート波板」

宇都宮市 Y様強風で屋根が飛んだ!安心を生むレスキュー
屋根が飛んだ! arrow 屋根が飛んだ原因

【ビフォー】

屋根が飛んでしまったんです!」ある日のレスキューはこの一本の電話から始まります。この日、宇都宮は風速20m超の強風が吹いていました。

 

現場に到着すると、道路は封鎖され、電気屋さんに、消防隊、警察、ご近所の方の群がりと物々しい様子。そして中心には困惑した様子の家主さん・・・。

 

被害状況は、二階部分の屋根のほぼ全損(写真)。二次被害として近くの電線3本を切断ということですが、一塊の屋根材はその後、数十メートル先の民家の庭に落ちたというのですから、自動車や何より人間に被害が出なかったのが奇跡的な状況でした。

(翌日の下野新聞にも載りましたのでご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね。)

 

【ビフォー】

原因は複数点考えられます。

  • 写真はかろうじて残った部分の軒先部分ですが、腐食により「つかみ込み」の部分が切れ、所々持ち上がる様になっていること。
  • そこに風が吹き込んだ時に、旧施工方法が三晃式瓦棒(写真で掴んでいる部分に心木がないもの。)であるため、ドブ板が分離されず一塊となってしまうこと。(マウスオンで切り替わる写真は今回吹き飛ばされた塊。)
  • 旧業者が施工時、垂木を狙って「吊子」を止めなかった。
  • 本体を吊子止めする際、ビスでなく釘を使用した。
  • 目の前が団地の公園で風の通り道となっていた。

など、上げていくことが出来ますが、要は施工がずさんだったことが被害をここまで大きくした一番の原因であると言えます。※三晃式瓦棒はある意味では一塊になるため丈夫だとも言えます。下地と本体の締結方法が問題です。

安心を提供します。レスキュー arrow 下地完成

【レスキュー作業中/養生作業】

このような場合、状況をお聞きした後、風雨にしばらくの間耐えうる養生シートを用意して伺います。写真は養生まで終了したものです。ただし、この時点ではまだ本工事は行いません。直ぐにやってもらいたいというお気持ちは十分に分かるのですが・・・。

まずは、やはりお見積もりを作成させて頂いております。もちろん大至急処理させていただきますが。Y様邸もその日の夕方には完成した御見積もりを持って伺いました。やはり、これから行われる工事がいったいいくらかかるのか分からないようでは不安に思うのは当たり前ですし、逆にそうしない業者さんというのは注意すべきでしょうね。

 

【下地工事中】

必要十分な工事を吟味し、出した価格にもご納得頂くことが出来た上で、無事工事への運びとなりました。

 

さて、まずは下地工事から行います。

構造用合板を張ることで十分な強度を得られます。

ルーフィングの施工 葺き替え完了

【ルーフィングの施工】

ルーフィングと瓦棒となる垂木の打ちつけまでが終わった様子です。ここまでいかに早く持っていけるかが大事なところです。

 

構造用合板でしっかり下地を造ったため、縦平葺も選択肢に含まれていましたが、新規垂木で上から合板をサンドウィッチにすることでさらに強度を増すことを狙い、心木有りの瓦棒葺きとしました。

 

【アフター】

瓦棒の葺き替え完了後の写真です。

下屋ビフォー 下屋アフター

【1階ビフォー】

今回の強風では吹き飛ばされはしなかった1階の屋根(下屋)ですが、劣化の度合いは同じように進行していましたので、リフォームを行います。

 

【1階アフター】

1階はカバー工法で行いました。

屋根の解体費用を抑えるためですが、もちろん下地造りは行っています。

 

※吉沢板金は、メリットを考え、出来る限りカバー工法で行うことをモットーとし、また、日々、施工方法を研究している会社です。

破風ビフォー 破風アフター

【破風ビフォー】

既存の破風は杉板に塗装をしたものでした。色は褪せ、継ぎ目は水を吸って変形し、釘は浮いてしまっているような状態。補強した上でガルバ板金包みを施工しました。

 

【破風アフター/雨樋リフォーム】

破風に板金包みを施すと、将来のメンテナンスの頻度を劇的に少なくすることができます。
例えば塗装だと5年から7年位に一度、再塗装を必要としますが、ガルバ鋼板板金包みでは20年(場所によっては30年)位はメンテナンスフリーに出来ます。見た目も全く新しい素材が取り付くわけですから、まさに一身。リフレッシュをお考えの方にもお勧めです。

波板ビフォー ポリカ波板アフター

【波板(テラス)ビフォー】

波板(テラス)の工事も同時に依頼されました。ビフォーでは劣化の進行しきった状態が見て取れます。このような状態ではやはり強風などで吹き飛ばされやすく、事故を招く恐れがあります。

 

【波板(テラス)アフター】

ポリカーボネートにUVカットが施してある素材をご提案しました。下にいる人間に対して優しいのはもちろん、素材自体の耐候性も格段に上がります。

吉沢板金の屋根レスキュー /無料相談/無料屋根診断

雨漏りレスキューの他にも今回のような「強風で屋根が飛ばされた」・・・等の屋根レスキューも同時に行っております。今トラブルの真っ只中にいるお客様を救うべく、他の仕事中でも調整してなるべく早く現地に到着できるよう心がけています。 もし、本ホームページをご覧になりご近所でこのような悲惨な状況に合われている方をお見かけになりましたら、弊社を思い出して頂けると幸いです。

また、無料相談と、そうなる前の無料屋根診断も行っております。気になる部分があった際にはどんな小さなことでもご相談ください。

 

※屋根診断は弊社事務所から遠方の地域の場合、出張費だけ頂く場合があります。その場合はこちらからもお知らせしますが、前もってご確認頂けますようお願い申し上げます。

他の施工事例を見る
吉沢板金工業

〒321-0941

栃木県宇都宮市東今泉1-3-8

Tel:028(634)2887

Fax:028(639)0891

担当携帯:090(1507)4921

担当携帯にお掛け頂けますと素早い対応が可能になります。

施工地域

<栃木県全域>宇都宮市・足利市・栃木市・佐野市・鹿沼市・日光市・小山市・真岡市・ 大田原市・矢板市・那須塩原市・さくら市・那須烏山市・下野市 他

※茨城県・埼玉県・群馬県の一部に対応