雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

雨樋清掃(専門家の行う雨樋清掃とは)

雨樋清掃をご依頼いただきました宇都宮市のY様邸です。
「雨の日に雨樋が水を飲み込まなくて、外壁やら犬走りがびしょびしょになってしまうんだよ・・・。」
後ろに杉林を抱えるY様邸。杉の枯葉による雨樋の詰まりにお悩みです。しかし、半年前に雨樋清掃を行っていたとのことですので少し時期が合わないですね。雨樋清掃は例えばご自身や、便利屋さんのような人に頼んで行うこともできるのですが、その場合、見える所だけしか清掃しない(できない)場合が殆どです。どうやら今回も肝心なところが清掃できていなかったことに原因がありそうです。

それでは、専門家の行う雨樋清掃を少しご紹介します。

雨樋に落ち葉が溜まっている様子
まずはビフォー写真です。雨樋は落し口に向かって勾配が取ってありますので通常落ち葉などのゴミは落し口周辺に大量に溜まっています。
雨樋に落ち葉が溜まっている様子(谷周辺)
また、屋根の形状で所謂『谷』の部分には屋根に落ちた落ち葉が雨で流され集まってきますので、それらが最も堆積しやすい場所になります。
雨樋に落ち葉が溜まっている様子(杉の木側)
もちろん杉林に面した部分はこの様な状態に。

ところで、雨樋清掃を行う時に普通に梯子を掛けられていませんか?雨樋は屋根より外に出ていますのでそれでは雨樋を傷めてしまいます。弊社では写真の様に雨どいを跨いで屋根に掛けられる様な特殊な装置を用いています。
雨樋を傷めない為の工夫

雨樋清掃のための分解
詰まりの酷い部分は上からいくらつついても改善しません。弊社では無理をして傷める前に分解して清掃します。この辺が大きな違いになります。これは、雨樋の取付工事をしている会社だからこそ自信を持って出来ることなんです。

雨樋の凹み(修理前)
この部分は、雨樋が詰まった後に雨水の重さで拉げてしまったそうです。これも外した後に修正を掛けます。

たたき出しによる形状の修正
お客様の要望しだいですが、元々の傷が残っても良い場合にはこの様にたたき出しの技術で形状の修正のみを行うことが可能です。
(今回はお屋敷が大きかったこともありサービス。)

雨樋分解清掃中
分解清掃アフター写真。

雨樋復旧中
雨樋の清掃終了後、復旧中の写真。

雨樋清掃アフター
アフター写真。

もう一つの特長として、専門家の目による雨樋の点検が出来る点があります。劣化具合の判断や、勾配の確認などを作業中同時に行っています。
アフター
全ての清掃と点検、調整が終わりました。写真中の雨樋の全箇所です。Y様邸は大きかったので午前中一杯位を要しました。

以上が専門家の行う雨樋清掃のご紹介になります。
安全確認と作業効率のため必ず2名以上で伺います。
落し口の数や、大きさにもよりますが、価格は15,000円~。
一度ご依頼頂いたお客様には点検を兼ねた清掃が出来るということでお喜び頂いており、リピーターとしてまたお会いできることが多くなっています。

※雨樋清掃は例えばこちらの様なお宅の場合、大体1年に1度くらいをお勧めしています。また、雨樋清掃の回数を劇的に減らすことができる落ち葉よけネットという商品も扱っております。屋根の上からの清掃が出来ないために、上記価格での定期的な雨樋清掃が難しいお宅(急勾配屋根を持つお宅や、お隣が近いために梯子が掛けられないようなお宅)や、より多い頻度での雨樋清掃が必要になってしまうお宅には特にお勧めできる商品となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。