雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

高性能屋根材でワンランク上の満足を得るカバー葺き替えリフォーム例

超高耐久ガルバ『スーパーガルテクト』でのカバー葺き替え例
栃木県宇都宮市のお客様です。
劣化したスレート瓦屋根のカバー葺き替え工事をご依頼いただきました。

さて、今回お客様に新しい屋根材としてご選択いただいたのはアイジールーフの『スーパーガルテクト』です。

屋根のリフォーム工事で高性能屋根材をご選択いただくメリット

  • 遮熱性鋼板と断熱材の相乗効果で優れた断熱性能を発揮。
    葺き上がりを一層引き立てる卓越した質感を誇る特殊な「ちぢみ塗装」を採用した、意匠性に富んだ屋根材です。(メーカーHPより抜粋『スーパーガルテクト』)
  • スーパーガルテクト フッ素で変褪色20年保証、赤さび20年保証、穴あき25年保証。
    スーパーガルテクト(今回の例)で変褪色15年保証、赤さび20年保証、穴あき25年保証というそもそも強いガルバリウム鋼板にさらなる耐久性を持たせています。

通常のガルバリウム鋼板で屋根を葺き替えてももちろん雨漏りの心配からは解消されますし美観は得られますが、独特の意匠性に富んだ美観が欲しかったり、さらなる長寿命が良かったり、断熱性能も欲しかったりといった場合に選択肢に上がってくるのが高性能屋根材です。

その分いくらか材料費は上がってしまいますが私たちがいただく所謂「手間」は実は一緒ですのでワンランク上の満足が欲しいお客様には一考の価値があるのではないかなと思います。

ビフォースレート瓦
ビフォー。下から見て苔が目立ってくると皆さん心配しだすんですが屋根に上って見たスレート瓦の様子がこちらになります。

これに塗装をするのではなく金属屋根でのカバー工法を行うというのが吉沢板金のおすすめです。【参考記事】スレート瓦の初めてのリフォームに迷ったら

隅棟下地の腐朽
スレート瓦で特に弱点と言えるのがこの部分・・・隅棟板金を外すと出てくる木下地の腐朽です。この不朽が原因で強風時に棟板金が飛ばされるといった被害や雨漏りへと繋がります。
そのまま塗装してもダメな理由の一つとしてもお分かりいただけると思います。

樹脂下地
スパーガルテクト施工中。今回上の木下地に代わり劣化が少ないとされている樹脂下地を使っていますが、スレート瓦と違い適切に”立ち上げ加工”を行える金属屋根の場合には木下地でも十分にもちます。(それでも心配な場合には樹脂下地の希望をお申し付けいただければと思います。)

煙突周りの谷板金
煙突風の天窓の周りも綺麗に収まりました。これは屋根材と同質の板金をメーカーより取り寄せ弊社工場で加工したものになります。
高性能屋根材を使ったなら是非拘りたいところですがあくまで吉沢板金の例としてご覧ください。

換気棟
換気棟周りのアフター。

アフター本谷
本谷周りのアフター。

アフター屋根葺き替え
アフター。

アフター屋根葺き替え
アフター。

アフター下屋
1階屋根のアフター。お客様からのご要望で通りから見える1階は差し棟仕様としました。

同時施工:雨樋架け替え、外壁ジョリパッド