雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

外装トータルリフォームで新築そっくりに!(アフター)

宇都宮市A様邸トータルリフレッシュ工事結果編です。

では早速アフター写真ギャラリーをご覧下さい。


いかがですか?まさに新築同様と言ったところではないでしょうか?でも実は・・・・新築時より機能は勝っているんですよ。

今回採用したのは弊社が得意とする、外壁カバー通気工法、カバールーフ工法(屋根)です。硬質発泡ウレタンの裏張りしてある金属サイディングは窯業系サイディングの約5倍、モルタルの約43倍もの断熱性能をもっています。さらに新旧外壁間に空間を造り、空気の流れで外壁内を乾燥させたり、熱気を逃がすのが通気工法。言わば、呼吸する外壁です。ちなみに『夏に涼しく冬に暖かいだけでなく、省エネ効果も期待できます。』というのがメーカーのアピールポイント。
関連ページにポイントを押さえた記事があります。参考にしていただければ幸いです。

全体に綺麗にまとまっていて、新築同様にも見える自信作だと思っていますが、お客様の負担を抑えるための工夫が何点かあります。
例えば雨樋・・・・破風が完全に隠れる様な大型樋を採用することで今回は塗装も板金もしていません。ただし、これは屋根の出方が十分であり、雨水が掛かり難いこと、現状でも破風の傷みの出ていなかったことなど(汚れてはいる。)から弊社が責任を持って判断させて頂いております。
しかし、何と言っても、お客様が日頃から家の状態に気を配られていて屋根下地が駄目になる前に弊社にご相談いただけたことが、下地の新規作成という大工事の負担を無くしたことになります。

「そろそろメンテナンスの時期なのかな?」「周りの家が新しくなっちゃって・・・でも費用が・・・。」というお悩み事が出てきたら、まずは、弊社『無料の屋根(外壁)診断』をご利用ください。
※合わせて、内装や、間取り変更、サッシ交換・・・塗装のご相談、気になる住宅版エコポイントについてもお受けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.