雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

棟板金、下地の交換アフター

突風で屋根(棟板金)が飛ばされてしまった宇都宮市K様邸です。
カラーベストの補修防水と新棟下地
カラーベストの割れている部分の修繕と防水処理を施した上で新しい下地を取り付けました。さらりと書きましたが修繕と防水処理はとても大事な工程です。

ちなみにこの棟下地。やはり10年位で一度状態を確認し、20年以内には交換が必要になる場合が殆どです。弊社の施工では、普通の雨風なら下地に水が掛かることはないのですが、台風等の横殴りの雨や下から上に吹く風の時には、少しですがどうしても吸ってしまいます。
そこで、下地の材質が樹脂で出来ているものを選んでいただく事も可能ですが、材料の値段が何倍にもなってしまいますので、メンテナンスバランスを考えて選択いただいた方が良いと思います。具体的にはあと何年住まわれる予定なのか?ここから棟が30年もっても屋根本体はどうなのか?等です。また、屋根勾配や形状からも選択のアドバイスが出来ますのでその際にはお気軽にご相談ください。

棟板金アフター
棟板金取付後です。吉沢板金では自社工場で一軒一軒のお宅に合わせた板金加工ができますので、雨の侵入がより少なくできます。10年後に確実に差が出るでしょう。
棟板金アフター
ここが飛んだ部分ですね。風当たりが特に良い場所でした。少し念入りに固定したのは施工者の気持ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください