雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

セキスイU瓦のリフォームについて

宇都宮市のお客様です。セキスイU瓦の葺き替えリフレッシュをご依頼されました。

セキスイU瓦の葺き替え
2階の陶器瓦に対して問題となっているのが1階屋根・・・そう、U瓦です。

もろくなったU瓦
表面を見てみると、全体にこの様なひび割れが確認できます。どんなに気を付けて上っても嫌な音と共に新しいひび割れができていしまいます。

U瓦ひび割れ
もちろんこのままでは雨漏りしてしまいます。

さて、U瓦のリフォーム方法ですが、よく見かける『再塗装』については弊社はお勧めしていません

まず、表面の割れがどこまでの深さか分からない点。
コーキングしてから塗るとしても余りに広範囲すぎますし、上述した通り、作業している自分の足元から新しい割れが出来てしまいます。

さらに、最も重要な固定している部分は重ねてある場所の下になりますので塗装することができません。

そして何より、塗装の持ちが非常に悪い点が上げられます。食いつきが悪い上、表面が固まっても今度は下の層から大きく剥がれてきます。

 

以上の様な理由により吉沢板金では塗装でなく、葺き替えリフォームを強くお勧めしています。

脆くなったU瓦をそのままにせず降ろしてしまうことで傷んだ野地の修正ができ、相当な軽量化ができます。

そこから生まれる耐震性能や、勾配に適した機能的な新しい屋根のもたらすメリットには計り知れないものがありますので、お客様の満足度が大変高いリフレッシュ工事となっています。

 

次回より工事状況を掲載したいと思います。

One thought on “セキスイU瓦のリフォームについて

  1. Pingback: u瓦解体から新しい野地の作成まで | 雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論