雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

ビフォーアフター『瓦棒カバー工法』

ビフォーアフターをお送りします。

トタン屋根のサビ
トタン屋根が錆びて来ると誰でも思いつくのが塗り直しです。真っ赤に錆びた屋根は道路からも目立ちますので塗装屋さんの営業マンが訪ねてきて・・・ついにはそのまま頼んでしまうという人も少なくはないでしょう。

でもちょっと待って下さい。それ、本当に塗り直しでいいんですか?

屋根にあいた穴
屋根に穴が開いてしまっています。こうなってしまったらもう塗装だけでは役不足・・・・雨漏りも直りません。

棟板金の下地の腐り
こまめに塗り直しを行なっていたとしてもここはどうでしょうか?台風の後に吉沢板金に緊急でお問い合わせいただくお客様はここの部分の板金(棟板金)が飛ばされてしまったという方が多いです。
これは棟板金の下地が傷む(腐朽する)ことで起こります。

そう・・・定期的な塗り直しだけでは防ぐことができなかったということですね。


もし屋根にお悩みの方がいらっしゃれば吉沢板金の無料の外装診断をご利用下さい。屋根、外装の専門家による最適な状態把握からメンテナンスのご提案をさせていただきます。

屋根の葺き替え工事
もちろんこちらのお客様は塗装工事ではなく、長寿命ガルバリウム鋼板へのカバー葺き替え工事へと進みました。
(写真はクレーンでの荷揚げ作業中のもの)

屋根カバー工法
既存が瓦棒屋根であれば、同じように瓦棒屋根に葺き替えるのが最も低価格になります。

瓦棒カバー工法
アフター。
見違える様ですが、それは当たり前・・・だって全く新しい屋根を葺いているんですからね。

屋根葺き替え工事完了
アフター。
塗替えでは得られない美観と長寿命、高機能が約束されます。