雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

エコポイントについて

皆さんご存知の通り平成22年1月28日の平成21年度第2次補正予算の成立を受けて、いよいよ『住宅版エコポイント』の発行が始まりました。

弊社にもかかわる部分においてポイントをまとめてみました。

  • 平成22年12月31日までにエコリフォームの工事に着手又はエコ住宅の建築に着工したものが対象。
  • 持家・借家、一戸建ての住宅・共同住宅等の別によらず、対象とします。
  • 国からの補助を受けて窓や外壁等の断熱工事を行っている場合は、エコポイントの発行対象外です。
    ※ただし、高効率給湯器や太陽光発電設備等については、ポイント対象工事に該当しないため、これらに対する補助を受けていても、エコポイントの発行対象になります。
  • ポイントが発行された住宅であっても、要件を満たせば税制特例や融資の優遇を受けることができます。

ここで言うエコリフォームというのは

  • 窓の断熱改修(二重窓など。エコポイントの要件を満たすものであること。)
  • 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  • バリアフリー改修

になります。
弊社で行っている工事に当てはめると、サッシ交換(ペアサッシ)はそのまま当てはまります。ただし、ドアの交換は対象外とのことです。また、外壁、屋根の断熱改修については、あくまで断熱材単体が対象であって、断熱材が裏張りしてある材料(屋根材や、外壁材)のような『複合材』については対象外とのことでした。(メーカー回答)
例えば、外張り断熱工法では(ウレタンが裏打ちされた)金属サイディングの内側にフェノールフォーム保温板のような断熱材を入れますが、この場合には金属サイディングにはエコポイントが付かず、内側の断熱材にのみエコポイントが付くということのようです。もちろん断熱材が省エネ基準に適合するものである必要があります。

もう一つ注意点。サッシについては面積に応じて、断熱材は使用量に応じてポイントが付くのですが、所定の数字以上でないと一切発行されないところです。

・・・どうでしょう・・わかりずらく感じますでしょうか?
ここではまずは『吉沢板金ではきちんとエコポイントについても考えてますよ。』とのアナウンスができればと思っています。
実際にはお客様がペアサッシの交換を依頼された時、外壁リフォームや内装の改装を依頼された時に忘れずにこちらからお知らせする体制を整えています。
とは言え、始まったばかりの制度ですので、材料メーカー、弊社ともに、急な電話やメールにズバリ回答を出来るまでには至っておりませんが、行政機関等を通して『お客様に損がないように』を第一に営業していきます。

リンク
国土交通省の同制度についてのページ

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください