雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

正しい納まり(雨漏り調査)

ホームページより栃木県小山市の某株式会社様(印刷工場)から雨漏り調査のご依頼を受けました。
工場、事務所、パチンコ店などのいわゆる『工場、店舗系』の雨漏りの場合では、現に営業に差し支えている場合が殆どです。
近年ではいつ降るかも分からないようなゲリラ降雨の影響もあってお問い合わせでは必ず「すぐに来てください!」と言われることが多いです。こちらも心得ていますので極力早く行ける様な体制を整えています。


このような場合、経費の問題がありますから、なるべく部分修理で済ませたいとおっしゃる場合が殆どです。そこで、建てた時の建築会社に依頼したり・・・となってくるのでしょうが・・・ちょっと待ってください。上の調査写真の中に以前の業者さんが修理した部分がありますが、そこは雨漏りに関係ない部分なんです。当然、再度雨漏りするので、今度はさらにコーキングを厚塗りしたり範囲を広げてみたりしたようですね。もう一度言いますが、そこは今雨漏りしている部分に関係がないところです。案の定、何度来ても止まらなかったようです。

最も大事なことは『こうあるべきという正しい姿がイメージ出来るかどうか』にあると思います。
正しい納まりを会得するのって難しいんですよ。
弊社はホームページもさることながら紹介のお客様が一番多いです。雨漏りを止めた実績からだと思いますが、実にありがたいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください