雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

雨漏り調査と屋根診断の関係『失敗しないために』

雨漏りの悩み・・・本当に嫌ですね。ご自分の家で起こるのももちろん困りますが、所有の物件で雨漏りが起こった場合には入居者の方からのご不満を一手に受けることになるのですからオーナー様のご心労は大変なものです。

雨漏りの原因究明と的確な修理で雨漏りを解消し、お客様の笑顔を守ることが吉沢板金の社会貢献だと考えています。是非悩みを抱え込む前にご相談下さい。

 

さて、今回も雨漏り調査ご依頼のお客様のご紹介です。
棟板金が飛ばされた
ここは分かりやすい例ですが屋根の棟板金が飛ばされてしまっています。下地がむき出しになっているのがお分かり頂けるでしょう。

屋根棟下地の腐朽
吉沢板金の雨漏り調査は屋根診断とセットであると思って頂いて結構です。
雨漏り調査をご依頼いただいて雨漏りを止めるためには屋根の状態を確認復旧してあげなければなりませんからね。

写真は棟の下地の様子です。むき出しになっていた所というわけでなく、経年劣化でこの様な状態になっています。

棟板金下地交換
下地を新しいものに交換する作業を行いました。右側に写っているのが旧いものです。この様な状態ですといつ吹き飛ばされてもおかしくないと言っても決して言い過ぎではありません。

新しい棟下地
新しいものに交換しました。

棟板金の復旧
折角新しくした棟下地に旧いものを載せるのが嫌だという人もいらっしゃいますが、ご要望と板金の耐久性が合えばこの様に既存のものを使っていただくことも出来ます。
今回は吹き飛ばされて無くなっている部分だけは新しくさせていただきました。
もちろん棟下地は全て新しいものに交換されている必要があります。

 

続けます。
瓦棒の不具合
こちらは診断中に発見したこの屋根の”非常にまずい部分”。
瓦棒キャップが殆ど固定されていません。ほぼ前と後ろだけ。
すると・・・・この様に簡単に持ち上がってしまいます。

瓦棒キャップの不具合
この様なずさんな施工がされていると強風の煽りを受ける屋根の端の方ではこんなことになってしまいます。(瓦棒キャップを外した所)

瓦棒の交換
修理後。
瓦棒は瓦棒キャップを固定するためだけではなく、屋根本体の固定、場合によっては屋根下地の固定の役割を持っている重要な部材です。

屋根診断、修理後
全ての瓦棒キャップに必要な固定をして、今回の屋根診断からの修理は完了となりました。

 

さて、ここでちょっとだけ怖い話を書きます。

時期的にはこの後塗装をすればさらに長い期間保たせることができるのですが(弊社も塗装工事を承りますが)・・・・・もし、これが逆だったらどうですか?

『屋根が錆びてきている。塗装屋さんに頼もう。』・・・この場合、塗装屋さんは屋根の専門家ではないので綺麗に塗ってはくれるでしょうが下地は直りません。

『塗装が必要な屋根には先に屋根診断を入れて欲しい。』・・・お客様の後悔が見えてしまっているのがちょっと辛い吉沢板金からのお願いです。(※)

※業者様向けには弊社が屋根診断を行い塗装は御社でというスタイルにも対応させていただいております。一般のお客様向けには屋根診断は無料ですが業者様で屋根診断のみのご依頼の場合には有料とさせて頂きます。
(塗装以外でも何らかの屋根工事を弊社にご依頼頂いた場合には診断料はいただきません。)