雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

セメント瓦の雨漏りにお悩みの方へ

セメント瓦の雨漏りにお悩みの方へー金属屋根に葺き替えてすっきりしませんか?-

栃木県栃木市のお客様です。正確にはご依頼主は建物の大家さんですが、お客様(借主様)から「雨漏りをどうにかしてくれないか?」と言われ今回の工事をご希望されました。
ある日突然かかってくる雨漏りを訴える電話・・・・賃貸物件をお持ちの方にとっては他人事ではないのではないでしょうか?
どのように解決したか今回の事例がご参考になるのではないかと思います。

貸家の雨漏り
築年数の経った1棟貸しタイプの賃貸住宅です。雨漏りさえしなければまだまだ収益が見込めるとのこと・・・実際10棟以上が満室でした。

セメント瓦の雨漏り
雨漏りしているのはこちらのセメント瓦屋根です。
※セメントと砂、またはセメントと石綿(アスベスト)を原料としプレス成形塗装したもの。今回のものにアスベストは含まれていません。

経年で素材の劣化が進み製品自体の寿命を迎えています。こうなってしまうと塗装やコーキングでは役不足です。(塗装屋さんや防水屋さんに電話してしまうとそれでも塗装するだろうし、コーキングすると思いますが無駄な費用になってしまうかもしれません。)

参考記事 『セメント瓦の雨漏りあきらめてませんか?-ストレス解消!すっきりリフレッシュ術-』

セメント瓦屋根のリフォームはセメント瓦を降ろして金属屋根へ葺き替えるのが最もおすすめです

セメント瓦を降ろして金属屋根へ
セメント瓦を降ろしている工程です。どこが雨漏りしていたのかよく分かります。(写真クリックで大きい写真が見られます。)

セメント瓦降ろし終了
なかなかお目に掛かれない光景だと思いますがセメント瓦を降ろしてこれまた劣化して役に立たない防水紙を剥がすと下地が露になります。

野地(ざら板)は痩せてしまったり、雨漏りで傷んでしまい容易に踏み抜ける危険な状態でした。職人達は当たり前の様に垂木の上を歩きますがあまり気持ち良いものではありませんね。

野地合板張り
新しい下地を張っているところです。これは耐震補強にもなる大事な工程です。

金属屋根の加工
一方で地上では屋根板の現場成形を行っています。屋根葺き替え工事はスピード命ですので段取り勝負ですね。

逆に屋根の大きさによっては無理をせず防水紙までやって終了することもあります。全ては工事中の雨漏りをさせないためです。

ガルバリウム鋼板屋根葺き
新しい屋根は長寿命ガルバリウム鋼板、ライトブラック色です。
写真では丁度半分が葺き終わったところです。

屋根葺き替え後
屋根葺き替え終了です。

屋根葺き替え後
上でも述べましたが今回は屋根が小さかったので一日でほぼ完成、翌日私が一人で行って細かい部分を仕上げてきました。

お客様にとってみればあれだけ悩みの種だった雨漏りが一夜にしてスッキリ解消してしまったことになります。

「もっと早くに吉沢板金に頼めば良かったよ。」というのが正直なお気持ちだと思います。

最後に、大事なことなので書いておきますが火災保険が雨漏り修理に使えますのでお困りの方はご自分の保険屋さんに確認してみてください。今回のお客様も火災保険で大分助かったとのお話を聞いております。