雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

吉沢板金の求める機能美について。

吉沢板金の求める美しさは『機能美』。これに尽きます。
今回”それ”について分かりやすい例が一つ出ましたのでご紹介させていただきます。

機能美R屋根
R(アール)屋根。
街中で見かけるちょっとお洒落なこれらの屋根は、多くの場合、立て葺きか横葺きで下から上まで葺き上げられています。

しかし、今回吉沢板金の仕上げた屋根は・・・・・
R屋根機能美
この様な独特の形状を呈しています。

R屋根機能美
他には見られないようなオリジナル性と美しさを持っていますが、これはあくまで機能美を追及した結果の美観なんですよ。

横葺き屋根の雨漏りしない設計勾配(一部弊社の経験勾配)があります。R屋根は上部に向うほど勾配が鈍くなりますので例えばそのまま横葺き屋根で仕上げて行った場合には、理論的にも経験的にもある部分より上では雨漏りが起こってしまいます。

前述の町で見かけた横葺きのみで仕上げられたR屋根は私達からするととても心配な屋根になってしまいます。
下葺き材で持たせるか酷いときには”はぜ”部分にびっしりとコーキングがしてあるかでしか持たないでしょう。

弊社で今回施工させて頂いたR屋根は横葺き屋根の景観を持ちながら、上部では立てハゼ葺きという雨漏りし難い屋根になっています。もっと言うと、立てはぜ部分も”アヤメハゼ”という特殊な”切れていないハゼ”に加工することでより自然なRと雨漏りのし難さを両立させていますがこの辺についてはあまりにマニアックなお話となってしまうため割愛させていただきます。(笑

吉沢板金の求める機能美について少しご理解いただけたでしょうか?

美観がすべての始まりではなく、機能を追及した結果の”意味のある美しさ”・・・・・それこそが機能美です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください