雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

雨漏り修理/部分葺き替え(店舗)

宇都宮市内にあるゲームセンターが今回のお客様です。
以前の業者が同じところを何度直しても雨漏りが繰り返すので大変困っておられる様子でした。
増築部分雨漏り現状
増築部分との絡みが複雑な上に配管類が張り巡らされています。多くの業者がこの様子を見ると愕然とすると思いますが、私共はと言いますと・・・逆に燃えてきます。
以前の業者の施工した跡でしょう、おびただしい量のコーキングに塗装の塗り重ねた跡が見られます。

雨漏り現状分析
お分かりいただけますでしょうか?これはトタンが錆びて薄くなりついには朽ちてしまっている様子です。(他の部分にも現れています。)
これはもうトタンの寿命と言えます。
ここからいくら塗装しても防水機能は期待できませんし、コーキングではいつも言うように役不足。それでは結果として大きなお金を捨ててしまっているようなものです。

吉沢板金ではこう言ったケースではオーナー様の考え方(今後この建物を何年使用されるおつもりでいらっしゃるか?や、持ち物件であるかどうか等)を必ずお聞きします。20年お使いいただきたい場合と数年でお考え(最低限雨漏りを直して欲しい場合)の場合で工法と材料を変えるべきだと思っているからですね。
※どちらも雨漏りは止められますが、今回のメンテナンスコストと後年の持ち(メンテナンスコスト)に違いが出ます。

今回はオーナー様のご希望通り、その部分に雨漏りを再度起こさないための、部分葺き替えで済ますように力を尽くしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。