雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

急所を押さえた雨漏り工事

雨漏り調査マンション
宇都宮市のお客様です。中古マンションを購入されたオーナー様からのご依頼。『お客様が住んでいらっしゃる部屋に雨漏りがして困っています。調査と修理をお願いします。』とのことでした。

こちらの建物はALC外壁です。『ALC→塗装切れによる防水層の欠落→再塗装』というメニューを提示するだけの業者の何と多いこと。今回の例では、それだけではその時は止まってもすぐに再度の雨漏りが起こってしまったと思います。

吉沢板金では極力お客様のご希望に沿う形で工事を行います。ザックバランに言えばご予算と建物に対する今後の付き合い方を重視しますので、例えば「今後10年間雨漏りや美観の心配の要らない方法で」と言われれば応じた工事になりますが、今回は「急所を押さえた、極力安い方法」で雨漏り解決に取り組みます。
ALCの雨漏り
さて、こちらが上記問題部分で雨漏りの原因(急所)の部分になります。(1枚目の写真の屋根形状の部分と外壁の取り合いの部分です。)
既に以前の業者が合わせ目にコーキングを乗せた跡が見られます。屋上から届くところだけやったようですが・・・・まぁここではその話は止します。(笑)

雨漏り解決工事
そしていきなりですが、吉沢板金の行った解決工事の結果がこちら。弊社工場でこちらに合わせた板金役物(雨押さえ)を専用に加工し取り付け後、上端にコーキング処理。水を外に追い出してあげるという方法を取りました。内部に施した再コーキングを保護する意味合いも持ちます。

他にも内樋の清掃や電線の穴の雨仕舞い処理等を行っていますが、急所をしっかり押さえた工事をさせていただきました。

 

そして昨日、オーナー様より嬉しいご報告がありました。

「台風でもゲリラ降雨でも雨漏りしなくなりました。・・・・で、実はもう一棟見ていただきたい建物があるのですが。」

ということで、吉沢板金に課せられた雨漏り解決の使命は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください