雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

大谷石の蔵-ステンレス屋根への葺き替え(震災後改修工事)

今回の地震で大きく被害を受けた建物の一つに瓦屋根の載った大谷石造の蔵が上げられます。これまでにも代表的な例として

  1. ガルバリウム鋼板による葺き替え(縦平葺き及び横葺き)
  2. 銅板による葺き替え

とご紹介してきましたが、今日はステンレス鋼板を使って葺き替えを行った例をご紹介します。

瓦撤去後
大きな農家でした。既に被災した瓦は撤去されています。写真は下地を造り替え、防水紙までが施工された状態です。

そしてこちらが自信のアフター写真。ステンレスは耐食性耐候性に特に強い特長を持つことで良く知られていますね。
ステンレスによる葺き替えアフター

ステンレス屋根リフォーム

鬼の取り付け
今回は施主様のご希望により棟部分を高くし(グシの造作)、妻部分には”鬼”を取り付けさせていただきました。

この辺は好みもありますが銅板でも低く仕上げればシンプルモダンの外観に出来ますし、伝統的な和のスタイルを貫きたいのであれば(栃木マイスターである吉沢社長の得意とするところですので)今回の様な仕上げ方も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください