雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

屋根葺き替えカバー工法で賢くリフレッシュ!

昨年の暮れに『カラーベスト・・・リフレッシュは塗装よりもカバーがお勧め』という記事を書きました。

早速条件にマッチするお宅の一例が増えましたので追加でご紹介させていただきます。

カラーベスト白化
ビフォー。

カラーベストコケ
ビフォー。
カラーベストの白化が進んでおり、コケが出始めるとそれはリフォームサインです。
20年以上のメンテナンスフリー化ができるカバー工法で賢くリフレッシュしましょう。

カバー工法施工中
カバー工法施工中の写真。
屋根の下地が傷んでいない今だったら新しく下地を作る工程が省けますし、カラーベストを解体しないので産廃処分費だってグッと抑えられます。

カラーベストビフォー
下屋部分のビフォー。同様にコケなど目立ちますが、棟板金のサビにもご注目ください。これが一気に・・・・

葺き替え後
新築時プラスアルファの姿へ。壁の取り合い等には職人のセンスが出ますので「誰に頼んでも同じにはならない」のがお客様を悩ませているとお聞きしました。
「吉沢板金になら安心して任せられる。」と仰ってくれるお客様のためにいつも最高の納まりを追及しています。

ファインスケア
同時施工の破風板金包みと大型角樋ファインスケア。

ファインスケア
仕上がった姿には雨を受ける位置から水勾配までバッチリの機能美があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください