雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

隣近所も納得する雪止め

冬も本番となるといよいよ心配なのが雪ですね。特に近年では関東でも記録的な大雪となることもあり、落雪被害対策のご相談を沢山頂いています。

  • とにかく強力な雪止めが欲しい。
  • 隣近所も納得するような雪止め。(アピール効果もある。)
  • メンテナンスが楽。(サビに強く、長持ちする。)

吉沢板金ではこんな雪止めをお探しの方には『ゆきもちくん』をおすすめしています。

以下近々の施工事例をご紹介します。

まずはこちら栃木市のお客様。
栃木市、落雪被害
左側の隣家との立地状況はご覧の通りの近さです。昨年の大雪の時、急勾配屋根からの落雪でお隣のカーポートを壊してしまったということでご相談を受けました。

栃木市、カーポート落雪被害
すでに直っていますが下に見えるのが壊してしまったカーポートの屋根。こうやって見ると本当に雪の落ちる真下にあるのが分かります。

汎用雪止めでは効果なし
これはビフォーの屋根ですが・・・一般的な雪止めがなんと3列に渡って取り付けてありました。
そうです。全く役に立たなかったということですね。

落雪防止装置ゆきもちくん
アフター。落雪防止装置”ゆきもちくん”の雪を止める考え方(システム)は今までの雪止めとは全く違います。

今までの雪止めが部分的な引っ掛かりで雪を止めようというものならゆきもちくんは、軒先の全体で受け止めようというもの。ですから、ネットは浮いている必要があります。軒先部分にリングが入っているのは屋根面から浮かすためです。(敢えて既存の雪止めを外さず上に施工してあるのも同じ理由から)

スーパーリング
屋根の勾配と流れ(長さ)によってはこの様に屋根の中段にもリングタイプの雪止め(スーパーリング)を設置させて頂くことでより効果の高い落雪防止システムとなります。

アフターゆきもちくん
アフター。いかがでしょう。「隣近所も納得するような雪止め。」正にこれではないでしょうか。

※施工には足場が必要です。今回は塗装工事の足場にプラスαする形で仮設費用の圧縮に成功しています。

続いては羽生市のお客様です。
瓦の雪止めでは効果なし
立地条件はやはりこの様に家の二面で隣家が近接しています。ゆきもちくんもこの二面に施工します。
こちらは”雪止め瓦”が使われていましたが、やはり全く役に立たなかったとのお話でした。

ゆきもちくん設置
アフター。太陽光パネルを取り付けてからまとまった雪がパネル上から落ちることで落雪被害を生むという事案が増えています。

スーパーゆきもちくん設置
アフター。

上の屋根からの落雪
上の屋根からの落雪をまず防止することで効果をより高いものにしています。

これからは「雪が降るのが楽しみ。」なんて余裕が出ると嬉しいですね。