雨漏りを止める!笑顔を守る雨仕舞い論

リフォームサイン

宇都宮市のお客様です。屋根の葺き替えリフォームをご依頼されました。

スレート瓦劣化

以前書いた『スレート瓦の自己診断方法』という記事をぜひご参考にしていただきたいのですが、こちらの屋根も全体に白化が見られ、

スレート瓦に苔
北面を中心に苔が生えてしまっていました。

以上の様なリフォームサインに加えて、

棟板金の劣化
棟板金を捲ってみます・・・
屋根が飛ばされる危険性
これ、実は捲るといっても釘を外したり特別なことをしているわけではありません。
下地が腐朽してしまい釘が効かなくなってしまった棟板金はちょっとの力で持ち上がってしまうのです。

もちろんそれが大問題!

メンテナンスをしなかったことで起こる雨漏り等の直接的な被害の他に、強風の煽りを受けて飛ばされた屋根が通行人に大怪我をさせたりという人的被害、物損事故に繋がり大変危険です。
ちなみに今回は屋根全体のリフレッシュということで棟板金も同時に交換されますが、棟板金のみのリフォームメニューもご用意しております。大事の前にまずは無料の弊社屋根診断をご利用下さい。

 

さてこちらの屋根リフレッシュ工事、アフターはこの様になりました。
ガルバカバー工法
屋根材:ガルバリウム鋼板(メタリックシルバー色)

カバー工法によるリフレッシュは経済的でコストパフォーマンスに優れています。また、以前のスレート瓦屋根に対して雨仕舞いが良く、こちらの様に複数の谷の絡んだ複雑な形状の屋根には特にお勧めできます。