屋根リフォーム・雨樋・外壁リフォーム・雨漏り修理・屋根診断・栃木県宇都宮市の吉沢板金!

HOME施工事例>詳細005

施工事例

屋根リフォーム
「銅板腰葺+瓦葺屋根→ガルバリウム鋼板横葺屋根」

宇都宮市 Y様 銅板腰葺+瓦改修ガルバ鋼板
before外観 arrow 銅板腰葺部アップ
銅板腰葺瓦屋根のリフレッシュ工事を依頼されました。写真は施工前。
お客様からの要望:
構造的に雨漏りしにくい屋根にしてもらいたい。(現在雨漏りに困っている。)
地震に強い屋根が良い。家も古く耐震性に不安。
③見た目に美しい屋根を希望。
④破風や雨樋もこの機会にリフレッシュしたい。
  銅板腰葺部のアップです。瓦から水が落ちる部分に特に酷い腐食が見られると思います。マウスオンで切り替わる写真の赤丸内黒い点が分かりますでしょうか?それ・・・実は穴です!極限まで薄くなって、ついには穴が開き、雨漏りが起こりました。以前は「銅板屋根は80年もつ」などと言われていましたが、現在では酸性雨や釉薬の影響で実質20年もたない場合が多く、弊社でも近年非常に多く見られる事例となってしまいました。
瓦下ろしの様子 arrow 瓦下と板金屋根下の比較
瓦下ろしの様子。・・・重いです。「屋根上にこれだけ重いものが載っているんだ。」ということが身を持って感じられます。(苦笑
金属屋根の軽さが待ち遠しくもあります。
瓦は釘がすでに効いていなく、(ただ載っているだけ)意外な程スピーディーに作業は進みます。
  瓦下の様子です。瓦は構造上豪雨時等にどうしても水が入り込みます。(その際はルーフィング/防水紙で雨漏りを防ぐ仕組み。)腐食が進行していました。対して、(マウスオンの写真)銅板をめくった下は・・・大変きれいな状態であるのが分かると思います。板金屋根は構造上(ハゼや折り方により)、雨の侵入が起こり難いのです。もちろん、腕の良い職人との巡り合わせが必要ですよ!
下地造り arrow ルーフィング施工終了
下地が傷んでいるため、新たな下地を作っていきます。今回の様な状況では絶対に必要な工程です!これを省いて安く仕上げてしまう業者もいます。屋根が風で飛んでしまいます。そのためにも、詳細な見積もりを作ってもらうのが肝要です。疑問に思ったらどんどん質問をしてください。言葉に詰まるようなら要注意ですね。  

ルーフィング/防水紙の施工終了後の写真です。ここまでで一日の作業です。(一日でやるべき作業とも言えます。)宇都宮名物「夏の夕立」がありますので、この工程が終わるまではどうしても不安です。
もう後期中の雨は大丈夫。安心して帰路へ。ちなみに吉沢社長は雲行きを見るだけで先の天気が分かるらしく・・・・。

ガルバ屋根の葺き始め arrow

ガルバ屋根完成!

屋根本材を施工していきます。ガルバリウム鋼板横葺。色はお客様の好みでネイビーブルーです。軽い!重さは瓦の1/10程  

完成!「はぜ」が通った美しい仕上がり。金属屋根特有の美しさがあります。

ゆきもちくんスーパーリング arrow

破風と雨樋

隣家のある側には「ゆきもちくんスーパーリング」を施工しました。2つ前の写真に一般的な雪止めが見られます。違いは一目瞭然といったところでしょうか。効果の程、期待できますよ!  

新しくなった破風と雨樋の様子。破風は腰葺屋根に負けない重厚感を出すために同色での施工を提案させて頂きました。結果、お客様にも喜んでいただけて大成功だったと思います。

他の施工事例を見る
吉沢板金工業

〒321-0941

栃木県宇都宮市東今泉1-3-8

Tel:028(634)2887

Fax:028(639)0891

担当携帯:090(1507)4921
担当携帯にお掛け頂けますと素早い対応が可能になります。

施工地域

<栃木県全域>宇都宮市・足利市・栃木市・佐野市・鹿沼市・日光市・小山市・真岡市・ 大田原市・矢板市・那須塩原市・さくら市・那須烏山市・下野市 他

※茨城県・埼玉県・群馬県の一部に対応